Pages

Tuesday, March 25, 2008

Steriods and Japan

2 Segments in 1 post ( It's what you've got to do to be Royals Blog of the week)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
Segment one
Steve Stewart mentioned in Mitchell Report
by Ray W

Ok so maybe not but hey the guy admits it on his blog :
I took...Prednisone.... yes...it's a... steroid....the doctor told me it would shrink my vocal chords...and help me start talking that much more quickly. You see, I didn't take the steroid pills to gain a competitive advantage over my fellow broadcasters, I just took them to help me recover from injury faster...I just wanted to get back in the booth to help my teammates.

So you the reader must ask yourself these questions,
Is this Doctor a former employee of Balco? ???
Does this give Steve a unfair advantage ?
Yes
Is it ok just because he needs to come back quickly ? No and here's why look at the rest of the announcers throughout time the Hall Of Fame ones did they use roids to advance there career no I know many broadcasters who got laryngitis and that ended there career you see not everyone gets a second chance.
Ok here's another quote from Steve:
Hopefully no fine or suspension will be forthcoming

Exactly the last thing we need is for Guillien, Olivo, and Stewart
suspended.












Steve (Roids) Stewart

Here's hoping for a fast recovery Steve.
------------------------------------------------------------------------------------------------
Segment 2
レッドソックスを圧倒アスレチックスの開幕戦で10イニング
(Red Sox prevail over Athletics in 10 innings for season opener)

Translated From this article on MLB.com

コケ、Mannyはクラッチ上がる
新人は送風、決勝点のベテランドライブと事を縛りつける

東京 -- Loganville、Gaからの24の歳の外野の見通しは極東に。、彼の最初メジャーリーグのホームランを協力させるためにずっと移動しなければならなかった。 但し、タイミングは完全の急に何もではなかったし、衝突はクラッチの定義だった。

実際は、それは率直な物語の本の原料だった。 Brandonのコケ -- だれが火曜日のA's上の6-5勝利へRed Soxを推進することを傷つけるか -- 一般公開日に遊ぶために仮定されなかった。 しかしJ.D.が引いたときに時間のより低い背部堅さ導くことはゲームとまで、テリーFranconaコケに回ったRed Soxのマネージャー来た。

子供は4.でゲームを結ぶために運動競技の右分野の壁上のより近いHustonの通りからの2-2ピッチを強くぶつける第9イニングで答えた。 そして彼の印象的なキャリアで無数のビッグヒットがあったMannyラミレスは別のものを加え、前部に硫素化合物を永久に置くためにtwo-out、第 10の上の右中心への2点タイムリー二塁打をひもで締める。

ラミレスはまたコケがまたそれで大きい第6上がった2.で硫素化合物に夜の最初鉛を与えたオークランドの始動機ジョーBlantonに対してゲームを結ん だ六番目で2点タイムリー二塁打をばたんと閉めるゲームから去り先に聞かれ、two-out RBIを選抜するロープをかける。

しかし誇張表現の衝突のそのビットはオークランドのジャックHannahanが六番目の底にだれもを持つKyle Snyderに対して右にツーラン・ホームランにベルトを付けなかったときに相殺された。

アランEmbreeおよびキースFoulke前の硫素化合物の救済者はわずかな4-3鉛がオークランドのためのそして示された通り、コケのための保管機会をその入札を台無しにしたがことを保持した。

ゲームに入って来る物語はDaisuke Matsuzakaの祝われた帰郷だった。 しかしボストン右腕投手は確かに彼がイニングの彼の最初カップルの東京ドームで背部であることの慰めを楽しんでいたように見なかった。 実際は、30のための彼働くA'sは第1参加する。 印Ellisのオークランドの第2打者は、それに1-0を作るためにソロホームランの左中心にベルトを付けた。 2つの歩行のおかげでおよび衝突ねり粉、Matsuzakaは位置にボビーCrosbyの外野手選択のゴロの別の操業を手渡すために彼自身を置いた。

後でイニングは、Matsuzaka再度混乱のビットであり、2つの出口と基盤に荷を積むために単一および2つの歩行をあきらめる。 しかし彼は彼が必要としたピッチを作り、無傷のそれから出るためにジャックCustを打つ。

Matsuzaka (5イニング、2つの衝突、2つの操業、5つの歩行、6つのストライクアウト、95のピッチ)がきちんと落ち着く間、最後のRed Soxは六番目の上のBlantonに得た。

そこにからの、ゲームはジェットコースターだった。

Wow that was fun to read wasn't it! Almost as fun as watching the game at 5AM this morning. O and wait that game counted in the standings. Are you kidding me this is pathetic, ridiculous, stupid, etc etc etc etc. Come on people this is the equivalent of playing the Japanese World Series in Boston. I blame Bud Selig and who ever else helped this crap become reality. I would have no problem if this were just another exhibition game. Heck I wouldn't have that much of a problem if it were 3 weeks into the season but the SEASON OPENER!!!! This takes away from the Oakland fans the Red Sox fans and basically American fans in general.
Geez.

No comments:

Post a Comment